人生に役立つ家族の知恵袋

自分と家族の幸せのためにみんなに役に立つ記事を書こうと決めました。興味のある方は、ぜひ、読んで下さいね。

健康 筋力・運動機能

運動機能の5つの基礎クイズ(資料)

投稿日:2017年4月28日 更新日:

Pocket

運動機能の衰え、これは年齢を重ねるほど「いや~足腰が弱くなったな~」と感じるものです。

階段を登ったり降りたり、ちょっと早めのジョギングをしたりしても、すぐに息が上がってしまうようになってきます。

「若い頃はこんなんじゃなかったはずなのに。」と思っても、その若さを取り戻すことは容易なことではありません。

自分の人生を振り返ってみたときに、若い頃もっと体を鍛えておけばよかったなど感慨にふけったりします。

しかし、今からでも決して遅くはありません。少しずつ筋力をつけて今後の人生をより健康に楽しく過ごしましょう。

ここでは、運動機能に関する5つの質問をします。ぜひ、考えてみてください。

1 筋肉や骨が最も強いもは何歳ころですか?

2 筋肉が衰え始めるのは何歳ごろからですか?

3 骨が弱くなり始めるのはいつごろでしょうか?

4 膝・腰の痛みやしびれの主な原因は何でしょうか?

5 高齢者の骨折で一番多い原因は何だと思いますか?

さて、回答です。

骨と筋肉にも成長期があります。

20歳ころに一番強くなります。

同じ20歳でも、子供の頃の食生活や運動などの過ごし方の違いで、筋肉量や骨量の違いが表れてきます。子供の頃の生活習慣が将来の骨と筋肉の強さと健康を決めることになりますので、もし、お子さんがいる場合は、十分念頭に置いて食事や運動を見守っていきましょう。

これで、1番目の答は「20歳ごろ」となります。

 

人間の足腰の筋肉は、20歳をピークとしながらも30代まではなだらかに下降しますが、40代を過ぎますと下降曲線はスピードを増してゆきます。

さらに50第になりますと足腰の筋肉は急激に衰え始めると言ってもいいでしょう。

筋肉量は20歳から75歳までに約半分になると言われます。

 

これで 2番めの答は、「40代頃」となります。

 

次に骨の強さです。骨の強さは性ホルモンと強く関わっています。性ホルモンは、通常50歳代から減少します。それにともなって骨量も低下していきます。

特に、女性の場合は、閉経後骨量が急激に低下します。

 

これで3番目の答は、「50歳前後」となります。

 

さて、50歳を過ぎて急激に筋肉や骨の減少が目立ってきますが、これを放置しておきますと、膝関節や、背骨の病気になる危険性があります。

それは、「変形性膝関節症」であったり、「脊柱菅狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」であったりします。この病気になると、膝関節、骨、神経の病気が悪化して、痛みがひどくなったり、痺れが出たりして歩行困難に陥ります。

 

これで、4番目の答は、「膝関節や背骨の病気」です。

 

さらに高齢になると、筋力の低下とバランス能力の低下が生じてきます。こうなると、ちょっとした段差にも躓いたり、転倒したりしやすくなります。この時、骨がもろくなっていたりすると、ささいなつまづきや転倒でも骨折してしまいます。

 

これで、5番目の答は、「躓きと転倒」ということになります。

 

 

 

 







-健康, 筋力・運動機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

原因不明の頭痛を調べる

いつも起きる頭痛に悩まされる人が多いのではないでしょうか? 我が家でもお母さんがいつも原因不明の頭痛に悩まされていたので、頭痛について調べてみました。 【資料】頭痛の基礎知識Contents1 【資料 …

体の「冷え」は怖いというのは本当か?

身体の「冷え」のお話は、よくNHKや民放の番組で取り上げられますが、冬になると特別に「冷え」が感じられますね。 特に「低体温症」になると、とても怖いという話ですが、本当なのか、調べてみました。 &nb …

ロコモティブシンドロームとは(資料)

ロコモティブシンドロームとはContents1 ロコモティブシンドロームとは1.1 ロコモティブシンドロームの概念   ロコモティブシンドロームとは、通称運動器症候群と言います。 運動器であ …

転倒した96歳の母の打撲に向き合う

96歳の母は、いつもは杖を使って歩いています。 でも、距離はなんとか100m位。 家の中では杖を使いません。 壁や柱に手を添えて歩いています。 トイレもお風呂もひとりでなんとかできます。 家族のものは …

介護や支援が必要となった要因とは(資料)

介護や支援が必要となった要因とは 日本人の平均寿命は年々伸びていっていますが、同時に高齢者が増え、要支援や要介護になる人が増え続けています。 介護や支援が必要となった人の要因を調べてみると 1 運動器 …